:漫画 :マンガ :ニート

4コマ漫画『ニートな僕』

top_20090829203222.png
“しらいさりい”の4コマ漫画ブログです。現在は、きわめて稀にしか4コマ描いてませんが;;

タクシーでソウルタワーへ (韓国旅行記 第10回) 

韓国旅行記  第一回  第二回  第三回  第四回
 第五回  第六回  第七回  第八回

前回の続きです。。。ちょっと長めです;; 

ダンキンドーナツを出たあと、目指すはソウルタワー。
ソウルタワーは、ソウル市内どこからでも見える山の高台にあって
すぐ行けそうなのに、そう簡単には行かないみたい。。。
彼は、スマホのナビで、せっせとソウルタワー行きのバス停を
探している。彼のナビに従って歩くのだが、なかなか見つからない。

あっちこっち歩いたが見つけられず、時間が3時前になり、
雨も少しパラついてきて、結局、タクシーに乗ることにw
彼が言うに、6時に戻ってきて、彼の友人と会うらしく時間が
あまりないからと。

タクシーに乗ると、運転手のおじさんは、韓国人らしく
口臭をさせつつ、よくしゃべる。。。
韓国の車は、左ハンドルで、彼が私の先に乗るように、促したので、
運転席の真後ろにいる私には、おじさんの口臭が、しゃべるたびに
よくにおった。

それにしても、タクシーのせいか、乗っている時間が長く感じられる。
ソウルタワーが間近に見えてきても、おじさんは、降ろしてくれない。
彼が、何か韓国語で聞いている。
どうやら、おじさんは、ソウルタワーのある頂上まで行くにはバスで
行くのがいいと言っているらしく、そのためのバス停に行こうとして
いるらしい。

30分ほど乗ったタクシーから降りる時、私の交通カードが使えるかと
思ったら、使えず、また、彼がクレジットカードで払ってくれる。
この日記を書くために、彼に料金を聞いてみると6700ウォン。
日本円でいえば、0二つとって7かけて、67x7で・・・あれ???
469円???うそ・・・500円にもなってない???
日本だったら、3~5千円は軽く行ってるとこだったんだけど・・・

ちなみにですね、韓国では、クレジットカードを使う度にカード会社
からモバイルにいくら使ったかメールが来るそうです。というか
日本でもそういうサービスがあるのかどうか、私自身が使った事も
ないので。。。
それにしても、タクシー代めちゃくちゃ安かったんですね・・・
利用後、約2週間たってから、気がつくなんて。。。

ちょうど今、彼から電話がかかってきたので、
「あの時のタクシー代って500円もしてなかったんだね。」と
聞いてみると、「うん。日本はタクシー代がめちゃくちゃ高いって
聞いたことあるけど、でもさ、バス代はもっと安いよ。」って・・・
当たり前じゃん・・・やっぱりちょっと感覚が違うみたい。。。
でも、バス代っていくらだったんだろう。。。あとで計算してみますw

タクシーを降りると、大して待たずして、山頂行きのバスが来る。
最後部の座席の中央が、運よく二人分あいていて、そこに並んで座る。
10分もしないうちにバスは山頂へ。
この時の交通カードのデータを見てみると・・・
05番バス 15:28 国立劇場 ~ 15:36 南山ソウルタワー 850won
850ウォンって・・・ちょっと待ってよ・・・59.5円って。。。

終点でバスを降りると、ちょうど運よく雨はやんでいる。
そこから、ソウルタワーまで、長い坂道を歩かなければならない。
5センチソールのサンダルは、やはり歩くにはきつい・・・
(ちょうどこの人のブログの写真通りですw)

日本に咲いているような花がいくつか咲いていたり、横を向けば
ソウル市内が、見渡せる景色が広がるが、じわじわと疲れてくる。
前を歩く彼は、私を振り返っても、手をつないでくれる気配もない
ので、私の方から手を伸ばして手をつなごうとすると、彼が言う。

「手がつながりたいの?」(彼の日本語は、時々おかしいw)
「それは、手をつなぎたいの?でしょ?」
そんな野暮なこと言わないでも、つないでくれたらいいのにw

私からつないだ彼の手に握り返すような反応はない。私だけが指を
からませたり力を入れて握ったり・・・そんな風に手をつないで、
ソウルタワーの入り口付近まで歩く。

やはり観光名所だけあって、外人も多い。ソウルタワーの付近には、
日本で言えば、七夕の短冊とか合格祈願の絵馬のような物が、木かと
思えば鉄で作った木の形のもの
に、南京錠でところ狭しと取り付け
られている。
立ち寄った観光客の恋愛成就祈願だそう。。。

よく見てみると、中には携帯電話の外カバーだったり、中々個性的w
ベンチも変わっていて、V字で中央で折れて、実に座りにくそう;;
でも、カップルが寄り添って座るにはいいかもww

その木のような物の前で写真をとりあって、タワーの周辺をぶらぶら
したあと中へ。中は、なんかミュージアムのようなものがあって、
お土産屋に、テディーベア博物館に・・・トイレ・・・

(今、この旅行記を書きながら、ソウルタワーを検索していて、
Nソウルタワー(南山タワー)
Nソウルタワー
自分で、事前に調べておくべきだったと後悔しています。。。
私は、ただ彼に連れられて行っただけで、全て彼任せだったので。

彼は、別に社交的な人でもなく、長年彼女もいない人で、
そういうデートスポットには疎く、ただ家と会社を行き来するだけ
の人。やっぱりガイドには不向きだったみたい・・・

何せ私達は、そのソウルタワーの中の地下1Fをぶらぶらしただけ。
展望台やエレベーター色々あったのに・・・料金もさして高くも
なかったのに・・・
この後悔は、いつか彼が日本に来た時に、私がいいガイドをして
活かしたいと思います^^v)

そのトイレに一緒に行って、出た時に彼を見失う。
私は韓国に来てから、ほんとにたくさん食べてるにもかかわらず
大きい方が出なくて、その時、出るかもと頑張ったため、少し
時間がかかりすぎて、彼が私がトイレから出てどっかに行って
しまったと探しに行ったのかもしれない。。。

こんな所で彼を見失ってはぐれたら、ほんと終わりだわ・・・
どうしよう・・・内心あせりまくりつつ、キョロキョロ彼を探す。
こういう時、ほんと携帯電話でもないと不便です・・・

数分後、お土産屋さんで何やら見ている彼を見つける。
なんか買うつもりなのかな?と思っていたら、彼の買ったものは、
私のためのソウルタワーのブックマークだった。
「こういう物は、ここでしか買えないから。たくさん本を読んでね。」
「ありがとう。。。」
「どうせ、さっちは、何も買わないからね。」と、よく知っている。。。


まだまだ、続きます。。。では、また次回・・・

    気が向いたらポチッとお願いしま~す^^
     yajirusianime         yajirusianime
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキング
( 2012/07/27 08:33 ) Category 韓国旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する