:漫画 :マンガ :ニート

4コマ漫画『ニートな僕』

top_20090829203222.png
“しらいさりい”の4コマ漫画ブログです。現在は、きわめて稀にしか4コマ描いてませんが;;

親の恥は、子の恥かも・・・ 



私は、新聞もテレビも見ないので、
この事件をリアルタイムでは知らなかったのですが、
職場やネットフレンドが教えてくれて、
You Tubeを見てみると、この記者会見・・・

これ・・・ほんと、最後まで見るのがしんどかった・・・
何度、「おばさん・・・おばさん・・・ちがうじゃん・・・」と
つぶやいてしまったことか・・・

人質にされて残忍に殺されかねない状況の息子のことを
思う母親としては、こういう記者会見は、あまりにも、
場違いすぎて、息子さんが、かわいそすぎる・・・・

たぶん、誰しも北朝鮮拉致問題の横田めぐみさんのご両親の
ような普通の親の記者会見を期待していたと思いますが・・・

北朝鮮拉致被害者・横田めぐみさんの両親(1)

それにしても、この母親を見ていると、
自分の母親と重なってしまって、
ほんと悲しい気分になってくる・・・

うちの母親も、自分の子どもの事を思っている、
最も考えているといいつつも、
自己顕示欲が強く、ずれまくってて、こんな感じ・・・

息子の後藤健二氏が、
この母親と距離を置いたのがよく理解できる。。。

この母親が、常に自分の事を前面に出すがゆえに、
子どもが、母親のようになりたくないと思って育ち、
他人思いになったのかもしれないが・・・

子どもの恥は、親の恥というのは、よく言われるが、
これは、親の恥が、子どもの恥になって、
息子の価値が落ちてしまったようで・・・

この記者会見、親の恥だけでなく、
ある意味、日本の恥であるかも・・・だが、
通訳者の高松珠子氏は、ほんと、素晴らしい!


それでも、このとんでもないお母さんの記者会見によって、
とても大切なことに気づかされた。

このトンチンカンで的外れな記者会見を行った石堂さんは、
もう二度とこういう場には呼ばれないだろう。

もし、きちんと正しく対応し、好印象を与える記者会見だったなら、
また、別の機会もあたえられたかもしれないが。

つまり、こういう場を借りて、こういう貴重な機会を、
ミスミス自分で潰して、ミスミス自分から恥をかいたということ。

こういう事は、往々に誰にでもありうるだろうから、
心に刻んでおいたほうがいいだろうなと。

どんな機会でも、生かすも殺すも自分次第ということ。

それにしても、このお母さん・・・原発問題を取りざたするより、
テロを生み出した根源、アメリカの軍事介入による横暴なやり方、
また、そのアメリカ軍に毎年、2000億円もの血税の寄付を
行っている日本政府。ここいらを批判して欲しかった。

アメリカの軍事による武力討伐がなければ、
テロはうまれなかっただろうし、
そのアメリカ軍に毎年2000億円もの寄付を日本が
しなければ、アメリカ軍も弱体化するだろうし、

さらに、2000億円だけでなく、アメリカ軍に加担し、
更なる寄付をしようというのだから、とんでもないおバカ。

もとを正せば、お人好しおバカな日本政府が、
こういう日本人人質を作り出していると言えるのだから、

原発問題より、日本政府を厳しく批判して、
2万ドルの身代金をさっさと支払って、
息子を助けて欲しいと切々と訴えるべきだったのに・・・
( 2015/01/24 15:47 ) Category つれづれ日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する