:漫画 :マンガ :ニート

4コマ漫画『ニートな僕』

top_20090829203222.png
“しらいさりい”の4コマ漫画ブログです。現在は、きわめて稀にしか4コマ描いてませんが;;

日本って、まったく変・・・ 

昨日の話なんですが、
昨日、教員免許取得に必要な、介護実習の一環で、
障がいを持つ生徒が通う特別支援学校に
体験学習に行ってきました。

すごい施設でした。。。
ほんとにすごいんです。
広大な敷地に、最新の設備と学習指導。
そして、生徒1~3人に対して先生1人がつく体制。

恵まれた児童館では、障がいを持つ子供に
1人の有償ボランティアの人がつきますが、
そこでは、先生。

さらに、普通の学校、児童館は、
どこにでもあるごく普通の見慣れた設備。

しかし、その特別支援学校の設備は、
数台の送迎バスの停留所はじめ、屋外のみならず
屋内プールに、音楽室の天井にはミラーボールがつるされ、
カラオケに、太鼓に・・・

子供たちは、インターネットゲームを楽しめるし、
遊戯室には、ハンモックや体感できる遊具。
そのゴージャスな設備は、ほんと、いたれりつくせり。

その上、先生たちが、優しい!
私の教育実習で行った中学校や、
今まで行った児童館では、
先生が生徒をどなるシーンは日常茶飯事。

しかし、昨日は一度たりとも、
先生が生徒を怒って指示するようなシーンを
見る事はありませんでした。

まあ、はっきりいって、普通の学校に通うより、
特別支援学校に通える生徒の方が、
ものすごい優遇されています。

そのおかげか、
生徒たちは本当に伸び伸びとしていて、
性格も穏やかで優しい。

それに比べ、普通の学校に学生はかわいそう・・・
先生は、上から目線で生徒と壁を作り、
権力を振りかざして、どなりちらし、

どうでもいい靴下の長さが短いことで、
1時間近くも生徒を拘束して指導・・・

さらにひどいのは、生徒指導と称して、
問題のある生徒に対して、
先生二人がついて、個室でどなりちらして指導。

もし、普通の学校の設備が、
その特別支援学校のようにいたれりつくせりで、
かつ先生が生徒と同等に付き合い優しければ、
風紀面におけるバカげた指導による生徒のストレスはなくなり、

日本のこの他人の目を気にして萎縮してしまう国民性は、
ほぼなくなり、独創的な発想にあふれ、
伸び伸びと、さらに暮らしやすい国ができるのではないかと。

ああ・・・ほんと、
日本の中・高校の教育体制を改革してほしい。
教科書検定制度もなくして欲しい・・・

障がいをもつ子供たちに対して、
いたれりつくせりの設備で、優しい先生を配備し
お金をかけるのと同様に、

もっともっと、日本という国を形作っている、
大多数の日本の学生に対して、お金をかけてほしい・・・

なぜ、一部の障がいを持つ子供たちよりも、
普通の子供たちの方が、冷遇されているのか・・・
日本は、絶対におかしい・・・変・・・
( 2014/06/26 06:27 ) Category つれづれ日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する