:漫画 :マンガ :ニート

4コマ漫画『ニートな僕』

top_20090829203222.png
“しらいさりい”の4コマ漫画ブログです。現在は、きわめて稀にしか4コマ描いてませんが;;

人の感情 

今朝、ある一つの悟りを得たので、
今、このブログを読まれている貴方にシェアしたいと思います。

人の感情についてです。
感情はコントロールできないとよく言われますが、
本当にそうでしょうか?本当にそう思いますか?

答えは、違います。
感情は、自分自身でコントロールでき、
実際は、自分の潜在意識、もしくは超潜在意識において
コントロールしているのです。

私は、とても感情に揺さぶられ、喜怒哀楽の激しい人で、
そのため、よく笑いよく泣き、多くのつまらない悩みに
振り回されてきました。

前回の日記にも書いた通り、母親の事を考えるだけで
気分が滅入り、落ち込み、悩まされます。
そのせいで、昨日も苦しんでいました。

今、私には、スペイン人のペンパルがいて、
彼は、メンタル的な話からスピリチュアルな話まで、
私の話をどんな話でも興味深く聞き、
私の気持ちを尊重してくれます。

その彼に、メールで、母親が好きになれない話を書きました。
彼の返事は、優しく理解あるもので、私は、涙が出そうになりました。
そして、その事を今朝、返事に、涙が出そうになりましたと書いていると
また、涙が出そうになってきました。

これは、つまり、涙が出そうになるという言葉に、潜在意識が反応し、
感情がコントロールされた結果だと思います。

一度、今、例えば、感情を込めて、「腹立つ!」と言ってみると、
なんか、じわじわと腹が立ってきませんか?
では、今度は、鏡を見ながら、ニコッと笑ってみると、
笑いがこみ上げてきませんか?

色んな場面で、色んな事柄で、人の反応というのは、非常によく似ていて、
例えば、人はプライドを傷つけられると、腹を立てたり、憎んだりします。
そのため、人の感情は共有できるわけです。

それで、人の感情はコントロールできないかのように思われるのですが、
実は、これは、ただ人の作った社会のしきたりと同じように、
こういう場面では、こういう反応をしなければいけない、

そうするのが当然と教えられてきて、
そのように長年、反応してきた結果が潜在意識に
到達するほど蓄積され、条件反射化されたせいなのでしょう。

こう考えると、人は感情によって無駄に苦しめられてるのです。
悲しい苦しいつらい時、その感情にずっと揺さぶられるのは
ただ自分で自分を苦しめるだけで、時間の無駄です。

どうせ、いつかは、その感情は、また別の状況や経験によって、
上書きされ、忘れられ、新しい感情に、また揺さぶられます。

なので、苦しい時、悲しい時、つらい時は、楽しいこと、
もしくは、その時、しなければならない必要な事柄に集中し、
自分を苦しめる感情から意図的に集中をはずす事で、
楽になれるわけです。

ということで、感情に揺さぶられる人生をこれからは、
訓練によって、やめていこうと決めました。
時間はかかると思いますが、

条件反射化された感情なので、同じように条件反射化する
くらい時間をかけて訓練すれば、
感情にゆさぶられない習慣がつくと思います。

一般社会で暮らす上においては、他の人と同じ感情を共有することは
大切ですが、自分一人の時、もしくは、対人関係において、
邪悪な感情に揺さぶられる事は、非常に不利益です。

たぶん、私が、今朝、このような悟りを得られたのは、
今読んでいる本の影響が大きいと思います。
これです。



この本に書かれている事を実際に実践するためには、
やはり、基本的に自分の感情やプライドを捨てないと
難しい話です。

非常に、勉強になる本です。
ロングセラーの自己啓発本です。
どこの図書館にもおいてあると思います。

ぜひ、借りて読まれることを、おススメします。
この本を読むことで、人間関係が楽になるかもしれません^^
( 2014/05/29 10:55 ) Category つれづれ日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する