:漫画 :マンガ :ニート

4コマ漫画『ニートな僕』

top_20090829203222.png
“しらいさりい”の4コマ漫画ブログです。現在は、きわめて稀にしか4コマ描いてませんが;;

今日帰ってきました^^ 

皆様、お久しぶりです^^
今日、午後4時頃、5日ぶりの家に戻ってきました。
更新もしてないのに、わざわ来て下さった方はじめ、
皆様、ご訪問、ありがとうございます。

ネットもほんと久しぶりで。。。
一体、何から書くべきなのか・・・
ぼちぼち詳細は書いていくつもりですが、
今日は、5日間の行動でも書いてみようかと。。。

1日目は、7月13日(金)13:55成田発の大韓航空に乗る為に
朝10時10分頃家を出たんですが、その時、約40Lのスーツケースが
重い事を知り、走るに走る事もできず、あと5分でも早く家を出るべき
だったと後悔しましたww

まあ、それでも、空港に予定通りついて、何せ初めてなので、
やたらと、案内係の人や、空港関係者に行く道や、場所や手順を
聞き聞き、飛行機に乗ることが出来ました。

ただ、問題だったのは、機内には、水分は一切持って入れない事は
事前にチャルから聞いていたので、もって行っていなかったのですが、
なんと、ジェル状の物でさえ、100g以内でないとダメ・・・

私は、130gの容器の歯磨き粉をそのまま持って行っていたのですが
それが、手荷物チェックの際にひっかかりました。

中身は残り少しなので、50gもなかったと思うのですが、
それでも、ダメ! 破棄するか、もう一度、預けた荷物コーナーに戻って
スーツケースの中に入れてもらえるか交渉しろとのこと・・・

戻って聞いてみると、スーツケースをローラーの上にのせてくれた
おじさんは、「それは、もうむり!」と相手にしてくれず、
しょうがないので、カウンターのお姉さんに、聞いてみると・・・

「じゃ、これに入れて下さい。」ということで、中にプチプチがついた
厚紙の封筒のような物をくれて、スーツケースとは、別にもう一つの荷物。
スーツケースが目立つように赤いTシャツを着せたのに、
新たに小さな荷物が出来てしまいました・・・ww
まあ、それでも、捨てずに済んだので良かったです^^

機内では、隣の席に、日本人のかわいらしい30代位の女性が座って、
韓国にだんなが単身赴任していて、韓国へは、既に何度か行っていて、
だいぶ慣れているらしく、色々教えてもらいました。

私は、チケットをHISで、pontaのたまったポイントで30円引いてもらって、
33000円で、買ったのですが、彼女は、別のサイトで29000円で買ったと・・・
で、おススメは、Eツアーエクスペディア
“マイレージもためれるので、いいですよ^^” と。。。

飛行時間は、予定では2時間25分だったのですが、
実際には、たったの1時間40分で到着。

あと、もう少しで韓国のインチョン空港に着く頃になって
気がついたのですが、よく考えたら、私はチャルの言葉
“出口は一つだからすぐわかる。一番に見つけるよ”だけを信じて、
何も考えず、彼の電話番号も住所も控えずに出てきてたんです・・・

普通、リアルで知らない人に会う時は、携帯があるので、まあ混雑してても
何とか落ち合えるのですが、携帯もないし、実際には、チャルとは
リアルで会った事もないのに・・・本当に、そんな簡単に出会えるんだろうか??
大丈夫なんだろうか・・・

隣に座った女性と一緒だったので、スムーズに荷物を受け取るところまでは
いけたのですが、そのあと・・・なんと・・・出口が2つ!!!
本当にチャルと出会えるんだろうか・・・・

最初に出た出口でチャルを見つけることはできず、
もう一つの出口へ、荷物をずるずると引きずって・・・
しかし、見つける事ができない・・・どうしよう・・・
2つの出口の間を、いったりきたり・・・その間、
ほんと、自分の安易さにあきれつつ、
わざわざ韓国までやってきた事をものすごく後悔しましたwww

ちょっと、長くなりましたので、この辺で・・・
なんか、5日間の行動でもと言っていたのに、
1日目のフライトの事だけでしたね・・・www


    気が向いたらポチッとね^^
     yajirusianime         yajirusianime
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキング
( 2012/07/17 19:32 ) Category 韓国旅行記 | TB(0) | CM(2)

リアルの彼 

前回の続きです^^

距離にして100m位、出口から出口へ。出てくる人を待つ人の顔を
チラチラ見つつ3~4回行ったりきたりしながら、どうしようもなかったら
インフォメーションでアナウンスでもしてもらおう・・・など考えながら、
歩いていると、もしや・・・?!と思うような人が歩いてるのが目にとまる。

確信はもてないものの、とりあえず呼んでみる。「チャル?!」
相手は、すぐ振り向き、私を認識する「あ~・・・!!!」
と言う事で、出口に到着してから、10分後くらいでしょうか
なんとかluckilyに落ち合えました^^ (時刻は、午後5時過ぎ頃)

リアルで会うチャルは、私がやたら良くイメージしていた
かっこいい人とはちょっと・・・違いましたwwww

何が違ったかと言うと、背が・・・高くない・・・。。。
5cmのソールのサンダルを履いている私と大して変わらないww
彼自身は、170cmないようなことは匂わせていたのですが、
知り合った当初、174cmと言っていたような記憶があって、ちゃんと教えて
くれないので、私は、勝手に、170はあるだろうと思っていましたwww

次に、目の着き方が予想外・・・www 目つきではなくて、
顔に対して目の着き方です。。。
写真では、立体的に見ることは出来ないので、
自分が知っている普通の着き方を想像してたんですww

この時、なるほど・・・こんなふうに目が顔についてる人もいるんだなと
思いましたwww(これ以上、変な事を書いて、彼が読んだりしたら、
ショックを受けるか怒るのでやめますwww)

でも、まあ、声といい話し方といい、全くいつものチャルだし、
平面的に見るなら、毎度、送ってくれる写真の人と同じだしww
一緒に歩くうちに、徐々にリアルのチャルに慣れていきました^^

(ちなみに彼の私に対する印象は、もっと顔のでかい人かと思っていた
のが、小さかった・・・だそうですwww)

メッセで会話する時の彼は、短気でよく怒ったような表現をしたり
いじわる言ったりする事があるんですが、リアルの彼は、全くそういう事が
なく、本当に優しい気の利く人で、私の重い荷物をすぐに持ってくれて
嬉しそうに手を差し出してきて、握手しました^^

彼は私の飛行機が到着する1時間前から待っていて、私と同じく、
2つの出口を行ったり来たりしていたそうです^^

とにかく、何とか彼と落ち合えたので、もう安心です^^
あとは、彼のガイドに従うだけ^^v 

ひとまずは、世界的に最も美しいと言われる(←私の隣に座っていた女性が
教えてくれた事ですが)広いインチョン空港の敷地内にある客が誰もいない
オープンカフェに入りました。

私はただ椅子に座ってるだけで、彼が二人分、アイスコーヒーを注文して
持ってきてくれました^^

換金に関しては、事前に、いくつかのサイトで調べた上で、日本でするより、
韓国でする方がいいという事で、ソウルの銀行でする予定だったのですが、
もともと到着時間が16:20と言う事で、銀行も開いてないし、とりあえず
2万円分、チャルがwon を貸してくれる事になっていました。

そのカフェで、チャルが「じゃ、これ20万won あるわ」と見せてくれた
お金は、まるで億万長者ゲームのお金を大きくしたみたい。。。
「おもちゃみたい・・・」と私が言うと、
「そうだよ、外国のお金は誰でもそう思う^^」と彼。

(※1万ウォン札は、こんな感じです。ね、おもちゃみたいでしょ?
一万円札の方が、ずっと重みがある感じがしません?www)

物価は、ご存知の通り韓国の方がずっと安いらしく、座席で隣だった彼女
から「マルを二つとって7かけたらいいよ」と教わっていたのですが、
いまいちピンと来ないし面倒臭いので、彼にそのまま2万円を渡そうとすると
「それは多いよ。月曜日換金してから返してくれたらいい」と。

でも、彼にはほんとお世話になってるし、そんな細かい事はどうでも
よかったので、嫌がる彼に、何とか受け取ってもらいました。
それに、私が彼に会いに来た目的の一つは、i-phoneアプリを作って
もらって、それに対して10万程渡したかった事だったし。

その話を軽くすると、どうも受け取りそうもないので、その時はスルー。
(通常、あのようなアプリを発注した場合3、40万かかるのが相場と彼が
言っていたけど、私の思った通りにしてくれなかった事とかあるので、まあ、
10万でいいだろうとwww)という事で、お金の話はこれくらいで。。。

ところで、韓国のカフェや食堂など食べる事が出来るお店は、日本と違って
大らかなもので、そのお店の商品でもないものを、開いて堂々と食べても
注意されないんです。

なのでカフェで、一番気になっていた持って行っていた納豆を取り出して
100回混ぜ混ぜして彼に食べてもらいました^^

なにせ以前、EMS便で彼に納豆を5、6パック送ったところ、一気に
全部食べて、もう食べたくない・・・と言っていたので、本当に美味しい
栄養価が高くなる食べ方を教えたかったんですww

その後は、そこで、Amazonで買った“のっけて! リラックマ”をしたり、 
くつろいでから、彼のつたないガイドでソウルへ^^
(インチョン空港は、彼も初めてだったようです。。。)

だいぶ長くなりましたので、この辺で^^
(※こういう記憶は、早く記録しておかないとさっさと
忘れてしまいそうなので、極力早めに更新して行く予定です。)


    気が向いたらポチッとね^^
     yajirusianime         yajirusianime
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキング
( 2012/07/18 12:00 ) Category 韓国旅行記 | TB(0) | CM(0)

韓国の地下鉄事情とソウルで初めてのディナー^^ 

インチョン空港は初めてという彼のガイドは、おぼつかない。
ソウルへの地下鉄を探して同じ場所をグルグル。。。
状況をチクイチ説明してくれても、私にとって、そんな事どうでもいいw
だって観光目的ではなく、ただ彼に会いに来ただけなのだから。。。

私は、彼に「you dont need to explain so correctly.
everything is ok. i just follow you.」と伝える。
そうこうするうちに彼は、ソウルへの地下鉄を見つける。

地下鉄の概観は、日本で見る風景とさして変わらない。
ただ、書かれている文字が全てがハングルなので、理解不能ww
でも、ちらほら漢字が書いてあるし、券売機は日本語選択可。

韓国の地下鉄は、切符を買う方法はなく、スイカのような交通カードと
呼ばれる物を買ってそれにチャージするしかないらしい。 しかし、
券売機で買えるカードは、1回利用分のみで、チャージができない。。。

まあ、そんなこんなで、地下鉄に乗り、あいてる座席に並んで座る。
座り心地は、日本と全く違う。アルミむき出しだったり、堅くて良くないww 
つり革広告はなく、あっても同じものばかりだったり、ちょっと違う。
車両広さは、断然、韓国の方が広い

その座り心地の悪さのワケを彼に聞くと、火災が起こらないようにとの事。
話す彼の横顔は、まだ、なんだか緊張している。。。
(なぜか彼は会った時から緊張してたんです。私は全然なのにw)

今、調べてみると・・・2003年放火による大惨事のニュースが・・・
韓国・地下鉄火災 

なるほど・・・それで、どこの駅でも防火用具の様な物が
自販機のように置かれていたのだなと、今、合点がいく。

・写真 (← ※・・・後日、貼ります。。。)

ところで、韓国の地下鉄の階段や通路は、まさに韓ドラで見るシーン
そのものww 色んな人が、色んな物を売っている!もちろん全て違法w
やはり、警察が来たら、走って逃げるらしいwww

・写真 (← ※・・・後日、貼ります。。。)

極めつけ、驚いたのは、2日目土曜日の夕方の地下鉄。
並んで座っていると、何やら音楽が流れてくる。。。???
どうやら全盲の人が音楽を流しつつ車内を歩いて、ザルにお金を集めている。
彼は、乞食だと言って相手にしなかったけど、数人、小銭を施す姿が見える。

話が飛びましたが、そのうちソウル駅へ着いて、構内をうろうろして、
高級そうな中華料理店を見つけた彼が、「ここに入ろうか?」と聞いてくる。
階下の気楽な食堂でいいと私が言い張って、その窓際の席で、
初めて一緒に、ディナー。 窓の外には、奇妙な赤いバックライトが光る柱時計。
時刻は 午後8時15分過ぎ。又、彼のおごりです。

料理は、韓国に来る前に食べてみたいリストにあげていた、韓ドラに
よくでてくるジャージャーミョンと、キンパブのセット。
セルフサービスで彼が持ってきてくれたのですが、
その量の多いこと、多いこと・・・w

少なく見積もっても、一皿が日本で普通に出てくる量の倍はあります。。。
でも、私は残すのが嫌いなので、汁も飲んで、小皿のたくあんも、キムチも
全部食べようとしたら、彼が「無理して食べるのは、身体によくない。」と言って
取り上げてしまいましたwww

で、お味はですねぇ・・・ジャージャーミョンの黒い味噌は、甘かったです。
キンパブは、美味しかったです。そのキンパブセットの中に、いなり寿司も
入ってましたが、それは、日本の方が美味しかったです^^

韓国の食堂で、日本と違う点は、割り箸がないんです。
スプーンや、フォークと同じような、鉄製?ステンレス製のお箸です^^
ゴミが出ないようにしてるみたいです・・・と言っても、
ゴミになる残飯は、大量じゃないかと思うんですが・・・ww

では、この辺で。。。続きは、また次回^^

※ 実は、昨日、この日記を書きつつ、デジカメで撮った写真を
貼ろうと、SDカードを取り出して、pcで見てたんです・・・
ちょっと、回転させたあと、いきなり、見れなくなって。。。

その後は、全く、データが開けず、ただ、フォーマットしろのダイアログ。。。
ショック。。。で、彼にそのことを伝えると、
「大丈夫、dont worry. 復元できるから^^」と彼。
こういう時、ほんとチャルのかっこよさを再確認し、頼もしく思うんです^^

リモートコントロールで、あれこれしてくれたんですが、
どうも、上手く行かず、今日、これからSDだけ、彼に郵送する予定です^^
ところで彼は、旅行後、なぜか、やたら優しくなりましたww


    気が向いたらポチッとね^^
     yajirusianime         yajirusianime
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキング
( 2012/07/19 10:10 ) Category 韓国旅行記 | TB(0) | CM(0)

韓国のバス事情と彼のご両親との初対面。。。 

前回の続きです^^

お腹いっぱいになったディナー後、目指すは、ホテルならぬ彼のお家。
ソウル駅前の10車線はある広い道路中央に位置するバス停で、
時刻表を調べる彼。そう韓国は、バスの利用量が日本に比べて遥かに多い。
もちろん走っているバスの数も半端じゃない

(ちょうどその頃、時刻にして、夜9時過ぎ。
彼のママが遅いので心配してメールを送ってきていた。
空港でもちゃんと会えたのかどうか心配していたけど。)

540番のバスに乗るらしい。その乗る時が面白い。待ってるにもかかわらず、
バスが何台も停まるので、目的のバスの所まで、走らなければならない。
待ってる人を、平気で置いて行ったりするから。

バスの運転は、信じられないくらい乱暴。前だろうが後ろだろうがドアが
まだちゃんと閉まってないのに、走り出すし、スピードはものすごく速いし、
急ブレーキはかけるし、もう、めちゃくちゃ;;;
何度、バスの中で転びそうになったか・・・つり革につかまってるのに。。。

転びそうになる度に、チャルが私の腕をつかまえてくれる。
彼は、私の重いスーツケースも足で押さえつつ、つり革にもつかまって、
器用なもんです。韓国人にとっては、当たり前で、なんともないらしい。
まあ、途中から座れたからよかったけど。

それにしても、降りる時も、ブザーを押してても早くから構えてないと、
おろしてもらえなかったりする。そういう時は、乗る時もそうだけど、
ドアをどんどん叩いて、「アジシー!」とか、「ヨギヨー!」とか叫んで
アピールしないといけないww

約1時間後、やっとひどい運転から解放されるw
バス代も、チャルが自分の交通カードで二人分払ってくれる^^v
彼に言わせると、韓国のバスの運転手は、大型免許をとれば誰でも
なれるらしく、頭はよくないとのこと。。。

彼の家の周辺は、想像していたような田舎ではなく、東京の下町に近い。
時刻は夜10時半。こんな遅くに、見ず知らずの人間が、いきなりご両親に
挨拶するのも、家に泊めてもらうのも、ほんと気が引ける。。。

「もう、ママもパパも寝てるかな?」
「ううん。あの窓から明かりが見えるでしょ。たぶん、テレビを見ている。」
と、4階建てのマンションの4階の窓を指差す彼。

マンションの前にさしかかると、やせ細った茶系のネコが横切る。
「あっネコ!」「うん、そそ^^」
マンションの階段は、電気がついてなくて暗い。
彼が先に、私の重いスーツケースを持って上がる・・・と、
電気が、automatically で点灯する。へー・・・

4階までが、やたらきつく感じる。慣れない5cmソールのサンダルのせいと、
こんな遅くに、初めて彼のご両親に会うことを考えると。。。なにせ私は、
彼の恋人でもなく、リアルでは見知らぬ、ネット上のただのチング(友達)。
はぁ・・・とうとう4階。彼がダイヤルロック式の玄関のドアを開ける。
(以前に泥棒に入られてから、頑丈な鍵に替えたらしい)

彼が、「入って」と私を手招きする。ああ・・・えっと、えっと・・・
初めましては・・・チョウベッケスプニダ だったなと。。。
私が玄関に入った時には、既に彼のママは、玄関近くに立って待っている。
そして、右奥の部屋からは、彼のパパが・・・

二人に、チョウベッケスプニダ、ノムノムカンサンニダを繰り返して、
笑顔でお辞儀した後、100円ショップで買った韓国語会話の本を
見ながら、少し自己紹介して。。。

彼のママは、写真からは想像できないほど小柄な人で、150cm前後。
パパは、彼が言っていた通り、彼より少し背が高く大柄な感じの人。
(来る前に写真を見せてもらってたので、顔は認識済みw)

二人ともすごい気さくで、日本語で言えば「まぁ、まぁ、いいから、いいから、
気にしなさんな。入って、入って。」と、言う感じ。。。
実際には、韓国語なので、何を言っていたのかはわかりませんがww

また、長くなりそうなので、この辺で。。。アニョイガセヨ~

ちなみにノムノムカンサンニダは、本当に本当にありがとうございます の
意味です。“逆転の女王”で流れる曲に“ノムノムサランヘーウリー”と
聞こえる箇所があってww まあ、そんなで韓ドラで覚えた言葉です。。。

あ、そうだ。。。今日、彼に昨日、おかしくなってしまったSDを
送ったんですが、その時、言われました。
「なんで、SD上でいじるような事するのよ!もー!
それはものすごい危険なのに!」と。。。

そういうことで、SDに記録したものは、まず、一番にPCに移動!!
そのあと、回転であろうと、いじるべし! という事です。。。

はーぁ・・・もっと、以前にミスしていたら、
こんな大切な記録の時に、そんな真似はしなかったんですけどねぇ。。。
あとの祭りです・・・ただ、彼がリカバリーしてくれる事を祈るのみです・・・


    気が向いたらポチッとね^^
     yajirusianime         yajirusianime
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキング
( 2012/07/19 23:15 ) Category 韓国旅行記 | TB(0) | CM(0)

彼の家、彼の部屋。。。 

よく考えてみると、火曜日、旅行から戻ってきて、水・木・金で、もう3日
経とうとしてるんですね・・・まだ、初日の事も書き終わっていないのに;; 
やばいです・・・鮮明だった記憶がだんだん曖昧になっていく。。。

デジカメのデータがなくなって、不確かな記憶の部分を確認する事もできない。
はぁ・・・やはり、旅行日記を後からおこすつもりであれば、
旅先で、必ずその場で、ことあるごとにメモを取っておくべきですね・・・

まあ・・・次回の、、、あるとは思えませんが・・・教訓としましょう。。。
あ、でも来年、彼が日本に来ると言ってるので、機会はあるかもしれませんね。


では、又、長文ですが、、、前回の続きです。

右奥の部屋から出てきたパパは、笑顔で「気楽に、どうぞ。どうぞ。」と、
言った後は、元いた部屋に引っ込んで行き、ママと荷物を持ったチャルが
一番奥の彼の部屋へと私を導びいて行く。

彼の家は天井まで届きそうな大きな下駄箱を置いた4畳半ほどの広さの
玄関を上がると、入って直ぐの所に応接用のソファーとテーブルが置いてある
だだっぴろいフロアーの広間があって、奥の彼の部屋の入り口のドアが
ついている壁を背に、平行にすごい大きなスクリーンのテレビ。

彼の部屋のドアに対して垂直にパパとママの寝室のドア。全開していて、
パパが大きなダブルベッドの上に横たわり、その寝室に又別にある大きな
テレビのリモコンを操作しているのが見える。

チャルが私が使うべく彼の部屋に荷物をおくやいなや、ママが取り替え用の
キルティングのシーツと枕を持って入ってくる。早口で彼に指図し、二人で
彼が普段使っている大きなベットのシーツを替えていく。
ベッドが整うとママは出て行き、「好きに使ってね。」と彼。

彼がハンガーを取りに行っている間、彼の部屋を眺めると、彼は狭いと言って
いたけど、決して狭くはなく、家具が大きく、8畳位のスペースを埋め尽くし
ている。まず、ベッドがあり、ベッドの奥に天井まで届く高さの本棚に
びっしりと本がつまって、壁一面に広がっている。

(本の多くは、書店ならPC言語やWEB関連のコーナーで見かけるような
英語のタイトルの本。彼が一流のプログラマーになるべくどれほど勉強した
かがうかがわれる。。。)

そして、彼の24インチモニターが置いてある机と椅子。その横にママが
並んでネットゲームをするノートパソコンとモニターが置いてある机と椅子。
その奥が窓で、上にはエアコン。それから扇風機がのっかっている4段の
洋服をしまう引き出し。

以前にパノラマ形式の写真で彼の部屋を見せてもらった事があるが、
なるほど・・・こういう部屋だったんだなと合点がいく。
最近、彼が、仕事が終って、家に帰っても寝るばかりで、自分の為の
プログラミングができないと言っていたのもよくわかる。
なにせ、彼の座る椅子の後ろは、すぐその大きなベッドなのだから。。

それにしても・・・美しい。。。
なんて綺麗に片付いている部屋なんでしょう。。。ホコリ一つ無い。。。
こんなキレイに片付けている部屋を見たのは、たぶん、初めて。。。

大きな本棚にも、ホコリよけの透明のビニールシートが上から下まで
はってあるし、パソコンの小さなキーボードにいたっても、ホコリよけの
うすい白いキッチンペーパーのような物がのせてある。。。
その片付け方は、几帳面だが機能的で、A型とは違い、やはりB型らしい。

ハンガーを持って入ってきた彼に、「すごいキレイな部屋だね。。。」と
言うと、「片付けてないと、仕事ができないからね。」と当たり前のよう。
さすが優秀なプログラマーは違う!www

着ていたパンツスーツのジャケットをハンガーにかけてから、ママが座る
椅子に私が座り、持ってきたお土産の説明をして彼に渡す。
「これが、パパの甚平で、これが、ママの扇子と花札。」

彼は、早速ママとパパの部屋へ持っていく。甚平のサイズが気になったので
後から、私も顔を出す。彼が「パパはタフガイだよ。私より胸囲も広く
110cmはある。だからLLだ!」と言い張るから、身長は気にせず
買ったわけですが、どう見積もっても、パパの身長は170cm程度。

包みを開けて着ようとするパパに「もしかしたら、長いかもしれません」と
チャルの通訳を通じて伝えると、パパは右手の親指を立て、ウインクして
「大丈夫!グーッ!」みたいに言っている。まあ、本人がそう言うなら。。。

ご両親へのお土産の件が一段落した後は、部屋に戻って彼へのお土産。
まずは、彼が「これがいい!」と、引かなかった“こけし 春を想ふ”。。。
彼は、喜んで、モニターの下に飾る。

次に、私の母親がわざわざ上京して持ってきた普通の大きさの扇子。
彼のママには「ママの鞄は小さいから、小さいのがいい」と彼が言うので
小さめの物を探して買ったけど。

包みを開けて取り出すと、その扇子の両端に香水をしみこませる機能が
あり、試しに彼のコロンをしみこませてみる。あおいで何気に香りを
かいだ後、彼は「やっぱり、これはママにあげる!」と、持って出て行く。

彼が戻ってきて、最後のお土産を渡す。最も大きな荷物になった誕生日
プレゼンにと買ったWacomのペンタブレット 。サプライズで、直ぐには
わからないように、2重に包装w

「なんだろ?」と、立ったままの彼。
私が、座ってと促したので、ベッドの端に座る。
私は、その隣に座って包装を丁寧にはがす彼を眺める。好奇心いっぱいで、
子供のように、プレゼントの包みを開ける彼の横顔がかわいい。

「お!タブレットじゃん!」
「そうだよ~~ 欲しがってたから、これをプレゼントしたかったのに・・・
こけしなんて。。。」
「こけしだけでよかったのに。。。ありがとう!」と箱をくるっと回して、
うれしそうな彼。

よかったよかった^^ でも、開けるだけで時間がかかり、
箱から出して、使うのは明日以降です。。。
ほんとは、初期不良がないかどうか気になってたので、すぐに試して
もらいたかったけどw
何せ、Amazonのレビューで、一部、USB接触があまりよくないような事が
書いてあったので・・・ 


なんか・・・長過ぎですよね・・・
どこをはしょって、どこを詳細にするのが一番いいのか。。。
イマイチよくわからず、思い出せる事を時間を追って羅列してますが。。。

私自身は、自分の思い出の記録なので、書きつつ読みますが、
他人の日記だったら、うーん・・・どうなんでしょうねぇ・・・
やっぱり、読まないかも。。。。すみません;;;


    気が向いたらポチッとね^^
     yajirusianime         yajirusianime
ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキング
( 2012/07/20 13:00 ) Category 韓国旅行記 | TB(0) | CM(0)