FC2ブログ
:漫画 :マンガ :ニート

4コマ漫画『ニートな僕』

top_20090829203222.png
“しらいさりい”の4コマ漫画ブログです。現在は、きわめて稀にしか4コマ描いてませんが;;

ご挨拶とお知らせコーナー 

当ブログへお立ち寄り頂き誠にありがとうございますm(_ _)m
当ブログは不定期更新です。更新情報はしらいのツイッターでどうぞ。
感想・コメント等、個人的御用のある方はメールフォームよりお願いします。

★ 4コマ漫画 ★
ニートな僕 第1話~   ・ニートなパパ 第1話~
 ※その他作品は、右カラム中ほど“カテゴリ”からどうぞ

★ 過去作品 ★
・初のWEB配信コミック『負け犬ルーサー』の英語版、韓国語版
・ちょっとマイナーな16ページ短編コミック『不毛な生涯』
・未完の大人向け絵本コミック『アボガド太郎の話』(←密かに人気w)

★ お知らせ ★
「負け犬ルーサー」(送料無料)で好評発売中! 
 ※詳細は、スポンサー広告の下の>>続きを読むをクリック!

( 2020/11/11 00:00 ) Category ごあいさつ | トラックバック(-) | コメント(-)

老人 

母が脳梗塞で入院してから、もうすぐ2週間で
退院予定日がやってくる。

そこで、車いすを買うため、母に好みの色をきこうと
電話をかけて聞くと、「車いすは保険が効くのよ。
そういうのを知らずに買わなくていいわ。」というので、

どちらにしろ、必要だから買う。何色がいい?と聞くと、
私に任せるということで、電話を終了。

しかし、今朝6時ごろ、ジムに行こうとしていると電話が。
こんな早朝だれかと思えば、母親。
「車いすはいらないからね。もう歩けるんだから、いらないわよ。
それだけが言いたかったのよ。」と。

まあ、昔から頑固で、誰の言う事も聞かない人だから、
押し車でも押して、よろよろと歩いて、
また、以前と同じような生活をする気でいる・・・

以前と同じ生活なら、また同じように脳梗塞で動けなくなり、
かつ、悪質業者や不動産会社に食い物にされるだけなのに・・・
もう91歳なのに、口だけは達者で、いつまでも強い・・・
しおらしいかわいい老人ならいいのにと思う

まあ、母の車いすの事を考えるようになってから、
やたら道行く、車いすの人や押し車を押している老人が
気になり、ついつい声をかける。

今朝は、近くのスーパーで買い物をしたあと、
自転車に乗って帰ろうとすると、
近くに押し車のような4輪のベビーカーならぬ
老人カーのようなものにちょこんと座っている
白髪のおばあさんがいる。

また、つい声をかける。
「おはようございます。この車いすみたいなのは
楽ですか?」と聞くと、
「そうやねー・・・」
どうも、歩けないようで、その押し車のようなモノに
乗っているらしい。
また、普段は一人暮らしのよう。

話していると、ひらがなの名札が目に留まる。
道に迷ったときの為のものか、だれか介護の人が
いるのかな?と思ったけど、
回りには誰も付き添いはいない様子。

それで、聞いてみる。
「ところで、おくさん(お婆さんと言うのは失礼かと思い)
なんで、こんなところに、1人でちょこんといるの?」

「開くのをまってるんよ。」と。
なるほど、眼科の前であることはるけど・・・
「でも、今日は祝日やから、お休みやで」というと
「そうなんか?でも誰かくるやろう。10時まで待ってみるわ。」

「いやいやいや、いくら待っても祝日やから
誰もこーへんで。」と眼科の窓ガラスに書かれた
診察日を指さして、祝日、休日が休みだと教えてあげる。

「そうなんかー・・・目薬、もうないのに・・・
しらんかった・・・ありがとう・・・
スーパーの中ででも、待ってみるわ。」

1人暮らしのご老人は、大変すぎる・・・
最近、孤独死に関する本を読んでいるけど、
1人暮らしの延長線上にあるのは、
やっぱり孤独死なんだろうな・・・

結婚しても、片方が病気になれば、介護がつきまとい、
また、相手が先に死ねば、独り身になって、
結局、最後は孤独死・・・

生を謳歌するより、死が近くなってくると、
若い頃とは、物の見方が全く違ってくる
生から死までの、トータルなモノの味方に変わってくる。

はーあ・・・人の一生って、やるせない・・・
( 2020/09/22 13:35 ) Category つれづれ日記 | TB(0) | コメント(-)

出来の悪い子ほどかわいい 

弟は、結局、父親に「一言、謝ったらどうだ?」と
言われてギャーギャー怒って、ふてくされた後、
今度は、母親に甘えて、

今日、母からかかってきた電話の内容が
「@@には、よく言ってきかせといたから、
ちゃんと、さっちゃんの言う事を聞いてするって
言ってたから、安心して。」って・・・・

「なに、それ?なんで@@が直接私に
謝らずに、お母さんを通して、そういうわけ?
とにかく、@@が直接、私にあやまってこない限り
私は、許さないし!」と母親に伝えたけど・・・

弟の何一つ自分でできないのは、
両親が甘やかせすぎたからで、
弟が特に母親にすがったりすると、
母親は甘くて全ていう事をきいてしまう。

お金でも、金くれ、金くれとせびられると
かわいいのか、すぐあげるし、
結局、私には弟が金をせびるといいながら
末っ子の子供がかわいいのだろう。

ハガキで「言いたくないけど、
12日の夜、お母さんが携帯に何度かけても
でなくて、心配でたまらなかった時、
@@に様子を見てきて欲しいと頼んだら、

『おかんもながいこと生きた。もう十分やろ。』と
言うような息子なんやで!と書いたけど、
あまり気にとめるようすもなく、
通院中、弟に世話になるし、30万あげるとか言うし

ちょっと、やっぱり頭がおかしい・・・
結局、母は、自分から金を振りかざして、
カモでいることが、うれしいのかもしれない・・・
( 2020/09/19 22:19 ) Category つれづれ日記 | TB(0) | コメント(-)

弟 

昨日の朝、弟と言い合いになり、嫌気がさして、
京都に戻ってきた。

言い合いになった原因は、母がゴミ屋敷にしてしまった
家の片付け。

その日、私は朝4時前から固定電話のある部屋の
固定電話の回りの書類を衣類、食べ物、化粧品などが
ゴミのように積み上げられている中から、ちまちまと
整理していたのですが、

一緒に掃除をしようと言い出した弟は、前日も1時間
掃除をしたかしないかで、大して力にならないので、
ふと、掃除をしていて見つけたお金は自分のものにする
という案を思いつき、それなら、やる気が出て
もっと一生懸命やるのでは?と思い、

昨日は、珍しく8時頃からやってきたので、
「へー、早くにきたねー」とほめたあと、
「掃除していて出てきたお金は自分のものにするのはどう?」
と聞くと、
「そんなん、あかんで、おとんも入れて話し合うべきや」
と言い出す。

それで、私は頭にきて「そんな10円、20円くらいのお金を
お父さんと話し合う必要があるんか!」と怒ると、
「10万、20万やと思うやろー!」と怒り出す
それで、また私も言い返して
「この家のどこに、10万、20万あるねん!!
そんなもんあったら、借金返済しとるやろ!!
あほか!!!」と言うと、

「現金言うたら、誰でも10万、20万思うやろ!!ボケ!」
結局、この言い合いで、お互い、腹を立てたまま
掃除を黙々としていたが、

ちょっとしたことに弟がつっかかってきて返事をするので、
もうお互い全てケンカ腰の会話で
私もどんどんむかついてきて、
朝から黙々と一人で掃除してきたことも馬鹿らしくなってきて、

「もういい、1人でやれ、帰るわ!
お母さんのことも全部、1人でしーやー!」と言って、
病院の入院のしおりも渡して、帰る用意をする。

そのうち、弟が折れてくるかと心の中で待ちながら、
荷物をまとめていたけど、結局、何も言ってこない。
完全に荷物をまとめて、カバンを玄関先に出して、

『「勘違いして悪かった」って一言、言えば、
帰らへんけどな』と伝えると
「そんなにあやまらせたいんかー!!」と怒鳴ってくる。

「ああ、もういいわ、全部ひとりでやれ!」
「あー!一人でやるわ!!おかんも俺が
沖縄に連れて行くし、全部俺がやる!!」と言い返してくる。

「わかった、じゃあ、病院にもお母さんとの
第一連絡者は、@@にするから、さっきのしおりかせ!」と
言うと、
「あれ・・・どこおいたんかな・・・あれ・・・
ちょっとまって・・・」と、しおりを探し始める
しかし、全然、みつからず、相当またされる。

その間に、父に電話して
「すべて、@@がやるって言うから、任せることにした。
お母さんも、@@が沖縄に連れて行くって言ってるし!」
などなど伝えると

横から「自分ばっか、いいように言うな―!!!」と
口出ししてくるが、父は
「@@ができるかなぁ・・・」と言っている

その後、しおりが見つかって、病院に電話して
第一連絡先を弟にしてもらって、私を第三連絡者に
変えてもらう。

結局、弟は、私が荷物をもって玄関を出ても、
全く、折れることなく、それっきり。

京都に戻ってから父に電話し
「@@があやまってこない限り、@@とは、もう縁切るし、
しらんから。」と伝えると、
「@@が、禁治産者のことで電話してくるから、
その時、伝えておく」とのこと。

そして、その夜、父からの電話で
「@@から電話があって、言い過ぎたから
さっちゃん(私)に謝っといてくれと言ってきたよ。」と。

それで、私は「それは、おかしいやん。なんで
お父さんがあやまるの?@@自身が直接私に
あやまってこない限り、私は許さへんで。無理。」と
伝えると、「じゃあ、また電話してきたら、伝えとく。」とのこと。

そして、今朝、父から電話があって
「お姉ちゃんなんだから、一言、ごめんって言ったらどうやって
伝えたら、ギャーギャー言い出して、それだったら
もういい自分で全部やる!と言っていたよ」と。

まあ、弟は、超プライドが高く、口だけ達者で、意気地がなく、
自分では大したこともできないのに、偉そうなことを言う。
その上、都合の悪いことは全て他人のせい。

そんな話を父としていると、父が「@@は、中学の時、
いじめを受けて、うつ病みたいになって、それがもとで、
ちょっと精神的におかしいから、そういう風に思って
やってくれ。」と。

「それは、私もわかってるよ。@@がおかしいのは。
とにかく、50も過ぎて、未だに、おとん、おかんとしか
呼べず、大人として対応もできないし・・・、
だいたい直接口であやまるのが嫌なら、
メールででも送ってくればいいだけやん!」と言うと

「じゃあ、また電話してきたら、そう伝えとく。」と。

そして、母から電話があって、母に事の始終を話して
「@@がお母さんを沖縄に連れて行くって」と伝えると
即答で「@@とは行かんよ!」。。。

さて、弟はどうするんだろうか・・・
( 2020/09/17 20:30 ) Category つれづれ日記 | TB(0) | コメント(-)

高額詐欺被害 

今朝、朝4時前から、
固定電話のある部屋の服と書類と化粧品と食べ物の
ゴミの山の中で書類を整理していると

母がアフリカントラスト株式会社という所に
一括で1千7百万振り込んでいる控えがでてきたり、
更に怪しい名前の契約書が

「なんとか復興匿名組合契約書」と表紙に書かれ
契約内容もめちゃくちゃあやしい・・・
その表向きの会社名に、
これまた、一括で1千万・・・

そういえば、昔、母が自分が高額のお金を
ポンって取引できると、自慢していたのを思い出す・・・

その次が、太陽光発電の会社に騙され、
同じく1千万・・・
そして、最後に、アイコンとかいう名前の会社に・・・
それで、総額約4千万の被害・・・

アフリカントラストが約12年前で
なんとか匿名組合は、その5年・・・と、
定期的に騙されている

全て、母が80前後と高齢になってからのもの
高齢者は金がある上に騙しやすい超美味しいカモ

数年前、母が留守電に加害者が捕まって
120万返ってくるらしくそんな伝言を入れている
「まさか捕まるとは思ってなかったわ~
たくさんの人が騙されたからねぇ・・・」と。

その頃は、母が騙されている額をしらなかったので、
120万戻ってくるってよかったなぁと思ってたけど・・・
( 2020/09/16 21:22 ) Category つれづれ日記 | TB(0) | コメント(-)

超忙しい1日 

疲れた・・・
今日は、めちゃくちゃ忙しい1日だった

朝ジムに行って6時半頃戻ってきて、
洗濯して、片付けして、ゴミ出して
食事して、父に電話して、出かける用意して

生活保護担当者に電話して、10時前に家を出て、
12時前に病院について、約1時間、入院手続きの
説明を受けて、今日はお風呂に入ったらしく
バスタオルなどの洗濯物を引き取って、

その後、問題物件のある区の区役所に行って、
生活保護担当者とあって、どういう状況かを話して、
代理納付の手続きをして、

そのあと、同じ区役所内の固定資産税課に行って、
物件の評価証の申請をして、受け取って、
それをもって、今度は地方裁判所へ

京都でも地方裁判所ではボディーチェックがあったように、
神戸でも同じくボディーチェックがあって、
今日もズボンにベルトをしていたので、
金具でピーっとなるので、ベルトを外して・・・

とにかく簡易裁判所に行き、賃上げ調停と
未払い金賃料の調停の二つを申請するのに、
3時半過ぎから結局、5時ギリギリまでかかり
印紙と切手で払った料金が5090円。

それで、全て用事は終わって、
弟が迎えに来てくれて、車の中で話をしていると
弟は母の傍にいて、母がどれほど悪質な不動産会社
から食い物にされているかを知っていて、

母にいくら注意しても聞いてもらえない上に、
父にも連絡したのに、父も弟の言うことを信じず
「お母さんの言うとおりにしたらいい!」と怒られたとか、
母にも父にも相当、イヤな思いをさせられていて、

母が200万を騙されて振り込もうとしてた時に、
警察から連絡があって父にわざわざ連絡したりして
いたのに、父は、母がもうカモにされているのを
以前に知っていたはずなのに、
それを知らないふりをしてきたとか

私の全く知らない話ばかりで
全て、母がどれほど騙されて食い物にされて
ほとんどの不動産を捨て値でもぎ取られたとか
家賃滞納10年近くされてる物件もあり
そのうち乗っ取られるとか・・・

聞いているうちに気分が悪くなるような話ばかりで
弟はもう既にあきらめていたとか・・・

そして、今回、わたしが家の中に入ったことさえ
すごいことやったなぁ、俺には無理やったわ
あのヒステリックな防御にあったら、もうそこで
めげて、あのバリケードを潜り抜けたのは
本当にすごいと褒められましたwww

明日は、弟と一緒に、このゴミ屋敷を少し片づけて、
ゴミの山から一体、見つけられるのかどうかも
わからない物件の権利書などを探す予定です。
( 2020/09/14 23:51 ) Category つれづれ日記 | TB(0) | コメント(-)